ニュース

ホーム >> お知らせ

お知らせ

 三生医薬株式会社は、静岡県富士宮市の南陵工業団地にソフトカプセルの新工場を建設し、本日稼動を開始しました。

【新工場の概要】

所在地    :静岡県富士宮市南陵12番
工場敷地面積 :約33,000㎡
延床面積   :約10,700㎡
構造     :鉄骨2階建
稼動開始時期 :2018年5月17日
製造品目   :ゼラチンソフトカプセル・植物性ソフトカプセル・タブラート®



【背景と狙い】
当社は国内外の需要の拡大、市場からの製剤イノベーションニーズ、進化し続けるお客様の品質・納期改善に対する要望にお応えするために、最新鋭のソフトカプセル工場を富士宮市南陵に建設しました。
同工場は、生産キャパシティの拡大、生産性の大幅な改善、医薬品製造に準じた生産体制構築による品質レベル向上、労働負荷の最小化と安全性の向上、等を達成すべく、調合・仕込み・充填・検査・倉庫管理の各工程において最新の機器と管理システムを導入しました。これにより、当社の主力製品であるゼラチンソフトカプセルにおいては既存工場の最大1.5倍の生産能力、健康に配慮した製品イメージから需要が急激に増加している植物性ソフトカプセルにおいては約3倍の生産能力を有し、日本最大級の工場となります。併せて、生産性も従来比較で約30%向上させています。
また、入退室管理厳格化等、セキュリティの強化に加え、更衣せずに各工程を見学することができる通路の設置等、以前にも増して多くのお客様の信頼にお応えできるよう取り組んでまいります。



  • null
  • null